H.264圧縮を実際にやってみた!

みなさん、おはようございます。

今回は前回に続き、私の大好きなh264圧縮の実践編です。

私が持っている素材を使って、実際にh264圧縮をやってみましょう!

圧縮に使用するソフトウェアは、

「Adobe Media Encoder CC 2015」です。

使用する素材は私がすべてAfterEffectsで作成して、Apple Proress 422で書き出した解像度1920×1080、尺1分10秒の素材です。

データ容量は、1.07G。

ちなみに、標準のQickTime Playerでも、「ウインドウ」タブから「ムービーインスペクタを表示」をクリックすると、

このような画面が現れます。

これによってその動画のフォーマットを詳しく見ることができます。

※Apple Proress 422圧縮について、ざっくりと解説すると、「画質はめちゃくちゃ綺麗だけど、容量はそれなりに重たくなる、Appleが開発した圧縮フォーマットです。」

この圧縮も非常によく使われるので覚えておきましょう!

では、これをh.264圧縮するとどうなるのか、さっそくやってみましょう!

形式→「QuickTime」

ビデオコーデック→「H.264」

ここで注意するのが、「品質」という項目あります。

ここが非常に重要になります。

数字が100に近いほど、品質が高くなりますが、その分データ容量も大きくなります。

素材にもよるので一概には言えないですが、85ぐらいまでであれば画質的に耐えてくれるイメージです。

まずは「100」で書き出してみます。

ではこの設定で書き出しスタート!

結果が、

727.1Mでした!

あんまり変わってない!!!

Aple Proress422の時点である程度圧縮されているので、そこまで容量は小さくなりませんでしたね、、、

ただし、データレートが低くなっているのが分かります。

データレートを落とすことで、全体の容量も小さくなるんですね

では、先ほどの「品質」の数値を85にしてみます。

さらに、サイズも640×360に小さくして書き出しなおしてみましょう。

すると、

101.3MBまで減りました!

元データのサイズからすると、約10分の1の容量にまで減らすことが出来ました。

この二つの映像から静止画を切り出して、

どのくらい違うかくらべてみると、

このぐらい画質に差がでました。

(小さくて分かりにくかったらすみません、、)

いかがでしたでしょうか?

自分がどのぐらいの画質で、どのぐらいの容量にしたいかをまず決めて、

それに合わせて映像圧縮をやっていくという流れになります。

ではまた次回お会いしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

#映像

FOLLOW ME
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
タグ検索
まだタグはありません。
特集記事
ARCHIVE
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

© 2016 by hobundofilms.

〒675-1343

兵庫県小野市来住町883-2

TEL 0794-63-4011  FAX 0794-62-5252
E-mail info@hobundo.net 

URL www.hobundofilms.net