動画マーケティングを行う際に、まず明確にするべき3つのこと

1、だれに届けたいか?

何より大切なのが、ターゲットの絞り込みです。

ターゲットはできるだけ細かく絞りましょう。

ターゲットがしっかりと定まってくれば、動画の目的や方向性も見えてきます。

2、どう動いてもらいたいか?

ターゲットの絞り込みができれば、次は目的の明確化です。そのターゲットに「どう動いてもらいたいか?」を決定します。

・商品を理解してもらいたい

・商品を購入してもらいたい

・ホームページの訪問件数をアップしたい

・SNSで拡散してもらいたい

などが代表的な目的ですが、

ここで注意するべきことは、

絶対に欲張らないことです。

「商品も購入して欲しいし、SNSで拡散もしてほしい。」のように、目的を欲張ってしまうと、曖昧で中途半端な動画になってしまいます。

3、コンテンツ系動画か?コマーシャル系動画か?

ターゲットと目的が決まれば、次に、

「制作しようとしている動画がコンテンツ系なのかコマーシャル系なのか?」

を明確にします。

これは動画の発注者側と、制作会社側の両方が共通認識として持っておくことで、制作途中での認識の相違が生まれにくく、トラブル防止につながります。

一概には言えない場合もありますが、

◯コンテンツ系=認知UPにつなげる

(例:商品の使い方動画やハウツー動画。サイトへの定期的な訪問を目的としたネット番組等)

◯コマーシャル系=売上につなげる

(例:TVCM、Youtube広告、SNS広告、インストア広告等)

このふたつに分かれます。

コンテンツ系動画の場合は、映像のクオリティよりも、

・分かりやすさ

・情報の正確さ

・お客様にとって有益な情報かどうか

を最優先にし、ほとんどの場合で質よりも量にこだわるので、動画一本に対する制作費は低めに設定する場合が多いです。

反対に、コマーシャル系動画の場合は、商品や企業のブランディングにも関わってくるので、映像のクオリティが非常に重要で、

その動画が売上に直結することを意識しながら、企画を行う必要があります。

さらに制作費以外にも広告出稿費用が必要になることも多いので、

全体の費用としては高額になる傾向があります。

以上、まだまだ決めないといけないことはたくさんありますが、

今回は「とにかく最初に決めること」を3つ書かせていただきました。

これからの時代、どの企業や店舗においても、動画マーケティングは必ず必要になります。

もしも、疑問点等がございましたら、いつでもご連絡お待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

※画像はイメージです。

#映像

FOLLOW ME
  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
タグ検索
まだタグはありません。
特集記事
ARCHIVE